綾瀬はるか、BMXに挑戦!「ビューティフルジャパン」パナソニック | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

綾瀬はるか、BMXに挑戦!「ビューティフルジャパン」パナソニック

エンタメ 話題
綾瀬はるか、BMXに挑戦!「ビューティフルジャパン」パナソニック
  • 綾瀬はるか、BMXに挑戦!「ビューティフルジャパン」パナソニック
  • 綾瀬はるか、BMXに挑戦!「ビューティフルジャパン」パナソニック
  • 綾瀬はるか、BMXに挑戦!「ビューティフルジャパン」パナソニック
パナソニックは、日本をひとつのチームにする6年にわたるプロジェクト「ビューティフルジャパン(Beautiful JAPAN towards 2020)」の動画4本を公開した。

「ビューティフルジャパン」は、オリンピックを目指すジュニアアスリートと彼らを育む日本の風景、挑戦することの大切さ、夢を追うことの素晴らしさなどを発信する企画だ。プロジェクトのアンバサダーである綾瀬はるかさんが、6年かけて47都道府県を訪ねる。

今回のプロジェクトの舞台は新潟県。綾瀬さんが、新潟県BMX協会を訪ねた。4本の動画では、オリンピックを目標に汗を流すBMX選手のインタビューと綾瀬さんとの交流、新潟県内の美しい風景、綾瀬さんがBMXに挑戦する姿などを紹介する。

“自転車の格闘技”と称されるほど激しい競技でもあるBMX。コブからコブへのジャンプや、スピードを落とさずにバーンを疾走するアスリートたちを4K映像で追いかけた。練習拠点でもある金谷山の自然に囲まれた練習コースや星峠の棚田、日本海に沈みゆく夕日なども見ることができる。新潟県BMX協会の練習場では、綾瀬さんがウェアラブルカメラ搭載のヘルメットをつけて、コースを走った。

2015年12月11日(金)からは、プロジェクトの一環として、「新潟県の美しい風景」と「オリンピックを目指す上越市の若きBMX選手」の写真でフルラッピングした車体が、えちごトキめき鉄道・妙高はねうまラインを運行。車体広告は、2017年12月まで約2年間の実施を予定している。




《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top