ドルトムントのトゥヘル監督、ヨーロッパリーグはセビージャを警戒 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドルトムントのトゥヘル監督、ヨーロッパリーグはセビージャを警戒

12月10日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第6節、日本代表MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントは、ホームでPAOKテッサロニキと対戦する。

スポーツ 短信
ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2015年10月4日)
  • ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2015年10月4日)
  • ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2015年6月3日)
12月10日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第6節、日本代表MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントは、ホームでPAOKテッサロニキと対戦する。

すでにグループ突破を決めているドルトムント、チームを率いるトーマス・トゥヘル監督の目は決勝トーナメントに向いていた。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を逃したチームが、次のステージからはELに回ってくる。欧州屈指の強豪クラブの中で、特にトゥヘル監督が警戒するのはセビージャだ。

「セビージャがこちらに来ることが分かったとき、すぐにどこが優勝候補になるか分かったよ。完全に不当な結果だと思ったね。ユベントスとボルシアMGの勝利を願っていたよ。だが、こうなった今はセビージャが、ELのタイトルに最も近い存在だ」

昨シーズンEL連覇を達成したセビージャは、8日の試合でユベントスを下しグループD3位に浮上。CL決勝トーナメント進出は逃したが、ELでの3連覇に望みを残した。

セビージャのEL参戦を冗談めかしながらも警戒したトゥヘル監督。今大会はマンチェスター・ユナイテッドも参加するなど、非常に豪華な顔ぶれとなった。こうした状況については、「大会の注目度が高まる」と歓迎した。

「今年の決勝トーナメントはとても魅力的で、CLから回ってきたビッグチームとの激しい戦いになると思っている。ビッグチームやスター選手が出場することになるのだから、より注目度の高い大会になるかもしれないね」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top