名古屋市でプロジェクションマッピング…AR技術でバーチャル演出 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

名古屋市でプロジェクションマッピング…AR技術でバーチャル演出

イベント 文化

名古屋市で「ブラザー グリーンクリスマス 2015 ~Projection Mapping on Brother Earth~」が開催
  • 名古屋市で「ブラザー グリーンクリスマス 2015 ~Projection Mapping on Brother Earth~」が開催
  • 名古屋市で「ブラザー グリーンクリスマス 2015 ~Projection Mapping on Brother Earth~」が開催
  • 名古屋市で「ブラザー グリーンクリスマス 2015 ~Projection Mapping on Brother Earth~」が開催
ブラザー工業は、プロジェクションマッピングイベント「ブラザー グリーンクリスマス 2015 ~Projection Mapping on Brother Earth~」を12月19日・20日の2日間限定で名古屋市科学館と共催する。会場は名古屋市・白川公園。

同イベントは、名古屋市科学館のプラネタリウムドームの球体を活かしたものだ。昨年に続いて2回目で、今年はスマートフォンを使ったAR技術を導入。プロジェクションマッピングの映像に、スマートフォンでプラスαの映像も楽しめる。AR技術+プロジェクションマッピングは、日本初の試みとなる。

プラスαの映像はバーチャル演出。映像を楽しむには、事前にイベント公式サイトでアプリのダウンロードが必要となる。ベストビューエリアでは、よりダイナミックな映像が見られる。スマートフォンを持っていない場合は、会場内に設置されたブース内モニターでバーチャル映像が見られる。なお、ベストビューエリアとキッズエリアでは整理券が必要となる。

プロジェクションマッピングは約8分。テーマは「砂漠化が進む地球をサンタが救う」で、グリーンサンタクロース、サンタくん(サンタの子ども)、砂漠に住む少年が登場する。開催日時は12月19日・20日18:00~20:30。入場無料。整理券の配布は両日とも15時から。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top