気軽に参加して走れる「視覚障がい者東北マラソン大会」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

気軽に参加して走れる「視覚障がい者東北マラソン大会」

イベント スポーツ
気軽に参加して走れる「視覚障がい者東北マラソン大会」
  • 気軽に参加して走れる「視覚障がい者東北マラソン大会」
わかさ生活は、2015年11月14日(土)に宮城県仙台市にて、「第1回視覚障がい者東北マラソン大会」を開催する。

「視覚障がい者東北マラソン大会」は、目にハンディキャップを抱える人も気軽に走ることが出来るマラソン大会だ。同社は地元京都にて12年間、視覚障がい者マラソン大会の特別協賛を行ってきた。今回、東日本大震災復興支援の想いを込めて創設された東北支社の従業員が、マラソン大会を自分たちの手で作るために行ってきた支援活動が一つの形となり、大会が初開催される。開催種目は、1kmの部、3kmの部、10kmの部。

現在、東北地方には視覚障がい者が気軽にマラソンを経験できる場がない。そこで、誰でも気軽に参加できるマラソン大会として同大会を実施。大きな大会に出場するためのステップにしてもらう。大会には招待ランナーとして、ロービジョンフットサル日本代表強化指定選手の角谷佳祐選手が出場。日本で2頭しかいないホワイトシェパードの盲導犬ユーザーも、参加する予定だ。

開催日時は、11月14日(土)大会受付 8:00~8:45。開催場所は、榴岡公園(宮城県仙台市宮城野区五輪1-301-3)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top