ジンズミーム、目指すゴールは「先制医療」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジンズミーム、目指すゴールは「先制医療」

ウェアラブル 国内
JINS MEME(ジンズミーム)
  • JINS MEME(ジンズミーム)
  • JINS、センシングアイウエアJINS MEMEを11月5日に発売予定
  • JINS、センシングアイウエアJINS MEMEを11月5日に発売予定
メガネメーカーのジェイアイエヌ(JINS)は、センシングアイウエア「JINS MEME(ジンズミーム)」を11月5日に国内で発売する予定であることを発表した。価格は、カジュアルなウエリントンタイプが3万9000円、スポーツタイプが1万9000円ともに税別としている。

14日、都内で発表会見が行われた。

ジンズミームを活用するアプリ開発には、すでに多くのアイデアが登場しているという。

同社の田中社長は「SDKとAPIを用意し、さまざまなアイデアが登場しています。ラボはアプリにとどまりません。アート、ファッション、エンタメと結びついた価値を提供したいと思います」とした。

加えて「スポーツアイウエアのジンズミームMTを始め、先進的なアイテムを販売したいと思います。ジンズの製品全てにセンシング機能を搭載している、というのを5年後くらいに実現したいと考えています」と述べた。

ジンズミームが目指すゴールについては「先制医療にあると考えています。今後5年間で大きな躍進を遂げる分野と確信しています」とした。

ジンズミームのオフィシャルアプリの監修を務めた川島隆太氏は「日本は超高齢社会のトップランナーです。この状況において、医学的に正しいのは一人一人が自分に向き合って、病気を先に制するということ。病気の予兆の診断という研究が始まっています。例えば認知症であれば、頭のトレーニングで大きな改善もあるということです」

「活動的に頭や体を使う習慣を身につける、これは若い人にとっては生活や仕事の充実につながります。お年寄りにとっては、健康な生活時間につながります。ジンズミームの活用で、私ども学者、研究者も、取り組みのスピードをあげていかねばなりません」とした。

同社では、デンソー、オムロンとの共同開発を始めており、今後もさまざまな企業との協業を進めていく考え。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top