横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」

イベント スポーツ
横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
  • 横浜スタジアムでカレーをテーマにしたグルメイベント「B食祭 2015」
横浜DeNAベイスターズは、スペシャルイベント「B食祭 2015」を、横浜から日本全国に伝わったと言われる“カレー”をテーマに開催することに決定した。

「B食祭 2015」は、球場外芝生エリア「ハマスタBAYビアガーデン」にて、横浜に店舗を構えるカレーの名店が出店するグルメイベントだ。横浜DeNAベイスターズ選手寮で提供され、選手からも親しまれている「青星寮カレー」が特別出店される。

横浜は開港以来、日本の入口としてパンやアイスクリームなど、様々な洋食文化が伝来している。日本の国民食でもあるカレーもその一つであると言われている。また、横浜市内でカレーに特化したフードテーマパーク、横濱カレーミュージアムが人気を博すなど、横浜と深く結びついた食文化だ。

スポーツの世界でも、ターメリック、クミン、チリなどのスパイスの中に肝機能の向上、食欲増進などの効果などがあるとして好まれている。「B食祭 2015」では、そんなカレーを食べ比べ、スポーツと食という秋の魅力を同時に楽しめる。

カレーの「スパイス」について、横浜DeNAベイスターズ 球団管理栄養士は以下のコメントを残している。

「多種多様ではありますが、全てに共通するのは『スパイス』です。『色』『香り』『辛味』の3つを引き出すために、数十種類のスパイスをブレンドして味が完成されます。

スパイスには漢方薬として使用されているものも多く、色づけで代表される『ターメリック(別名:ウコン)』や香りづけの『クミン』、辛味の『チリ』は肝機能を高める、消化を助ける、食欲増進など俗に言われています。

それぞれのスパイスの持つ特徴や効果を組み合わせることで、味や香りを引き立てるだけでなく、食べるだけで元気になれる相乗効果が期待できます。

『カレーを食べると元気になる』と感じるのも理にかなっているのかもしれません。家族や仲間で一緒に作ったり、ひとつの鍋で作ったものをワイワイ食べる楽しさも、美味しさや元気を生む一つの『スパイス』かもしれませんね」


イベント対象日は、9月18日(金)~19日(土)対阪神タイガースと、9月22日(休・火)~23日(祝・水)対中日ドラゴンズ。開催時間は、試合開始3時間前~試合終了。入場無料で、観戦チケットは必要ない。価格は、1メニュー500円(税込)。

■出店店舗
・ヨコハマスープカレー しんぺー
・牡丹園
・カレーハウス・キッチンY
・デリーダイニング
・保昌(18日(金)~19日(土)のみ出店)
・青星寮カレー(特別出店)
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top