「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズ、ランナー世論調査や新サービスを発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズ、ランナー世論調査や新サービスを発表

スポーツ 短信
「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
  • 「ランネット」「ランナーズ」のアールビーズが記者懇談会…ランナー世論調査、新サービスを発表
ランニングポータルサイト「ランネット」やランニング情報誌「ランナーズ」を手がけるアールビーズは7月3日、東京・麹町のランナーズステーション麹町店でメディアを対象にした記者懇談会を開催した。

記者懇談会では、毎年実施しているランナー世論調査の発表、教育機関向けに提供を始める計測サービス「Runners School Timing」の概要説明、4月より開始された出走権譲渡サービス「ゆずれ~る」の実績報告などが行われた。

橋本治朗社長は「(出走できなかった場合の)出口を作ってあげることも大事」と話す。安全な大会につながるために、ゆずれ~るが開始された。

また、マラソン大会の参加者数について「二極化現象が起きているのではないか」と語る。「大型大会や県庁所在地(で開催する)の大会は参加者は増えるが、地方大会の中には前年より参加者が減る大会も見られる」

アールビーズが今後展開を予定している、日本で100のランニングスポットを作るサービスの説明も行われた。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top