アワーレコード新記録のダウセットが血友病患者にメッセージ「成功や失敗じゃない。挑戦だ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アワーレコード新記録のダウセットが血友病患者にメッセージ「成功や失敗じゃない。挑戦だ」

スポーツ 短信

アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
  • アレックス・ダウセット(モビスター)、52.937kmのアワーレコード新記録樹立
5月2日に52.937kmのアワーレコード新記録を樹立したイギリスのアレックス・ダウセット(モビスター)が、自らと同じ血友病患者にメッセージを送った。

ダウセットはコーチの立てた計画通り、後半に向けてペースを上げたおかげで、記録更新を達成できたと振り返った。

「トレーニングでは今まで35分くらいしか走ったことがなかったから、あの25分間はずっと未知だったんだ。でも、30分走ってまだ快調だった。タイムは予想よりもかなり速かった。痛みを恐れていたけど、予想していたほどひどくはなかった。やってきた準備の証拠だね」

「最初の45分をデニスより遅く走るという計画だったけど、僕はあまり気に入ってなかった。でも、コーチを信じていた。何度か僕はちょっと熱くなったけど、コーチがスケジュール通りに戻してくれた。今日まですべてを信じ、注意深く実行したんだ」
「チームはもし僕の調子がよければ、最後の5分はリラックスできると話していた。残り10分になったとき、まだ僕には力があったし、ちょっと追い込むことができた。本当に夢のようだったよ」

「あらゆる年齢の若い血友病患者にメッセージを送りたい。困難に直面している人は世界中にたくさんいる。僕は運よく責任感強い家族が世話をしてくれた。そして、ここに向かって自分を駆り立てだんだ。今日は成功や失敗ということじゃない。今までやったことがないことに挑戦したということなんだ」
《》

編集部おすすめの記事

page top