【自転車ロード】バスク一周、キンタナが2年ぶり総合優勝に挑む | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】バスク一周、キンタナが2年ぶり総合優勝に挑む

スポーツ 短信

2015年ティレーノ~アドリアティコ第7ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)が総合優勝
  • 2015年ティレーノ~アドリアティコ第7ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)が総合優勝
  • 2015年ティレーノ~アドリアティコ第7ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)が総合優勝
  • ヨン・イサギレ(モビスター)
スペインのステージレース、2015年バスク一周が4月6~11日に開催される。3月のティレーノ~アドリアティコを制したコロンビアのナイロ・キンタナ(モビスター)が、このレースでも2年ぶりの総合優勝に挑む。

スペインの中でも自転車人気が高いバスク地方で開催されるワールドツアーのステージレース。今年のツール・ド・フランス総合優勝候補のひとり、キンタナは2013年にこのレースを制覇。今年はバスク出身のチームメイト5人、イゴール・アントン、ホナタン・カストロビエホ、ベナト・インサウスティ、イサギレ兄弟を従えて参戦する。

今年のバスク一周も、山岳が厳しいコースが待ち受ける。第3ステージ、第4ステージと山岳ステージが続き、第5ステージはアヤの壁と呼ばれる激坂でのゴール。最終第6ステージの18kmの個人TTでも、この坂は組み込まれる。

◆2015年バスク一周 モビスター出場メンバー
イゴール・アントン(スペイン)
ホナタン・カストロビエホ(スペイン)
ホセ・エラダ(スペイン)
ベナト・インサウスティ(スペイン)
ゴルカ・イサギレ(スペイン)
ヨン・イサギレ(スペイン)
ナイロ・キンタナ(コロンビア)
ジョバンニ・ビスコンティ(イタリア)
《》

編集部おすすめの記事

page top