ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入

新着 製品/用品

ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
  • ピナレロ、新型ドグマK8-Sを発表…サスペンション搭載、フランドルで実戦投入
ピナレロは、4月5日にベルギーで開催されるツール・ド・フランドルで、新モデル「ドグマK8-S」をデビューさせると発表した。

イギリスのプロチーム、スカイから出走する8人全員がドグマK8-Sを使用する。石畳の悪路で有名な北ヨーロッパのクラシックレースで勝つために設計され、開発には、自動車メーカーのジャガーが協力した。

フレームには新しい軽量サスペンションシステム「DSS(ドグマ・サスペンション・システム)1.0」と、フレキシブルなフラットカーボンチェーンステー(フレックスステー)を搭載。悪路での快適なライディングを可能にした。

DSS1.0の重量は95g。プロが石畳を疾走するためだけでなく、例えば体重が100kgを超えるサイクリストの重さをも支えることができる。フレックスステーは、可動ピボットを持たず、カーボン素材が持つ柔軟性を生かして振動吸収性を向上させている。

スカイのブラッドリー・ウィギンスは、「ドグマK8-Sは、ドグマF8と同じようにルックスも素晴らしく、乗った瞬間からすぐさま違いに気がつく。特に石畳の上ではね」とコメントしている。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top