【プロ野球】西武無傷の5連勝、中村おかわり弾で楽天に快勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】西武無傷の5連勝、中村おかわり弾で楽天に快勝

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
開幕から西武の勢いが止まらない。雨天中止を挟み無傷の5連勝。未だ無敗で首位をガッチリ守っている。4月2日にコボスタ宮城で行われた楽天戦でも、ホームラン3本の一発攻勢で6-1と勝利した。

1本目は四回表の浅村栄斗。楽天先発・美馬学のストレートを弾き返した打球は、フラフラと高く上がったようにも見えたが、そのままライトスタンド最前席に届くソロホームラン。

3番・浅村がホームランを打ったことで、ベンチから「お前も打てよ」と声をかけられ打席に向かった4番・中村剛也。カウント2-2から甘く入ってきたフォークだった。力みのないスイングでボールをバットに乗せ、打ち上がった打球はそのままレフトスタンドへ。今シーズン第1号のソロホームランが生まれた。

中村は五回にもエラーで出塁した浅村を一塁に置き、今度は美馬のストレートを弾丸ライナーでレフトスタンドに放り込む、おかわり弾を放った。

主砲の活躍に投手陣も楽天打線を1失点に抑えた勝利。投打がガッチリ噛み合った無傷の5連勝にファンは、「敗北を知りたい」「優勝へ一歩近づいた。まだ早いか」「岸が離脱で心配したけど、逆にチームがひとつになった感じがする」と、最高の滑り出しを喜んだ。

残すは2014年ホームラン王を中村と分け合ったメヒアの復活だ。今シーズンまだ打率.176と当たりが戻っていないメヒア。ファンも、「おかわり君は覚醒した感じなのでメヒアも覚醒して欲しいな!って感じです!」「あとはメヒアの覚醒を待つのみ」と期待する。この男に本来の当たりが戻れば、いよいよ西武打線は隙がないものになる。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top