【バスケ】経営不振で活動停止した和歌山の存続が決定、新会社設立で再建を図る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【バスケ】経営不振で活動停止した和歌山の存続が決定、新会社設立で再建を図る

スポーツ 短信
バスケットボール イメージ
  • バスケットボール イメージ
バスケットボール男子ナショナルリーグ(NBL)は14日、和歌山トライアンズのチーム存続を発表した。

トライアンズは2013年に活動休止したパナソニックから、和歌山バスケットボール株式会社が譲渡される形で運営をスタート。昨季はリーグ準優勝した。

しかし選手への出来高報酬未払いが発覚するなど、昨年から経営状況の悪化が懸念されていた。今年1月には運営会社が倒産し、公式サイトでもチームの活動停止が報告された。

一時はチームの解散も検討されたが、和歌山県協会を中心に新たな運営会社を設立、活動継続する案が14日の理事会で承認された。21日の試合は予定どおりに行われる。

NBLの丸尾充理事長は都内で会見を行い、20社近いスポンサーが集まったことで収支の見通しがついたと発表。所属選手11人中6人が残り、フリーエージェント中だった選手4人を獲得したことで、リーグ参加条件の10人は揃えることができた。

だが問題も依然として多く残る。昨季1200人程度いた平均入場者数は、今季半減の600人。人件費削減のため主力選手を大量解雇し、魅力が失われたチームはさらなるファン離れを加速させた。

話題になったことでスポンサーを名乗り出る企業は集まったが、継続的な運営には方針の大幅な見直しが迫られる。

NBLは14日に公式サイト上で活動継続までの経緯を説明した。


ひとまず継続が決まって一安心のファンからは「和歌山トライアンズ継続らしいな!」「地元主導での存続という点に価値がある」「残った選手も、離れた選手も、これから来る選手も皆応援してるし、和歌山県民として支えないと!」など、新たな船出を喜ぶ声が聞かれた。

一方で「ひとまずよかったが、まさか今シーズン終了まで、でない事を願いたい」という声があるように、今シーズンの存続は決定したが、新たに設立される運営法人の詳細など未定な部分も多く、来期以降の話はまだ見えてこない。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top