シボレー、100万個のサッカーボールを世界60か国に寄贈 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

シボレー、100万個のサッカーボールを世界60か国に寄贈

シボレーは、サッカーを通じた社会貢献活動「ワン・ワールド・フットボール・プロジェクト」において、アフリカ、アジア、欧米の60か国以上に寄贈したシボレー・カラーの黄色い「つぶれないボール」が延べ100万個に達したことを発表した。

ライフ 社会
シボレーが寄贈したつぶれないボール
  • シボレーが寄贈したつぶれないボール
シボレーは、サッカーを通じた社会貢献活動「ワン・ワールド・フットボール・プロジェクト」において、アフリカ、アジア、欧米の60か国以上に寄贈したシボレー・カラーの黄色い「つぶれないボール」が延べ100万個に達したことを発表した。

ワン・ワールド・フットボール・プロジェクトは、2012年に、シボレーのスポンサーのもと設立され、3年間で150万個のシボレーのつぶれないボールを寄贈することを約束している。つぶれないボールは、世界的な紛争の解決、性別の平等、健康に対する認識や重要なライフスキルを教えるため、スポーツを通じて各団体の広範囲なネットワークにより、戦争の被災地帯、難民キャンプ、被災地や恵まれない地域社会のプログラムや学校に寄贈されている。

つぶれないボールは、超耐久性があり、複数回、釘を刺しても、つぶれたり、破裂したりせず、過酷なプレー環境下においても、何年も使用できるという。100万個目のシボレー・カラーのつぶれないボールは、南アフリカの首都プレトリア付近のハマンズクラールの女子小学校に寄贈された。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top