電動アシスト自転車市場、好調維持…販売金額は16%の成長 2014年上半期 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

電動アシスト自転車市場、好調維持…販売金額は16%の成長 2014年上半期

新着 ビジネス
GfK調べ
  • GfK調べ
  • GfK調べ
  • GfK調べ
GfKは全国のGMS、ホームセンター、及び家電量販店における電動アシスト自転車の動向を報告した。

2014年上半期の電動アシスト自転車販売は台数ベースで前年比4%増、金額ベースで同16%増とした。

消費増税前の3月に駆け込み需要から大きなプラス成長を見せたものの、4月、5月は反動のためマイナスへ転じた。しかし6月になると金額面では前年度と同じの水準となった。要因として幼児2人の同乗基準適合モデルに高価格帯製品の販売が好調に推移したことなどがみられる。結果、2014年上半期としては台数ベースで前年同期比4%増、金額ベースでは同16%増となった。

幼児2人同乗基準適合モデルの販売が好調、中でもユーザビリティの高い低床モデルが市場を牽引。

幼児二人の同乗基準適合モデルの販売台数構成比は去年の同じ時期から10%上昇し、市場の25%を占めている。タイヤサイズが小さい底床モデルの販売が以前にも増して高く、幼児2人同乗基準適合モデルにおいて、リアタイヤのサイズが小ぶりな商品の販売台数構成比は前年同期から16%ポイント上昇し79%に達した。

電動アシスト自転車は法定速度内に制限されているため、乗り心地などスペックでは表しづらい性能を除くと、機能面での差別化が年々難しくなりつつ傾向がある。

そのような中で低重心で安定する底床モデルやカラーバリエーションの拡充などは電動アシスト自転車の市場拡大に貢献している。
《上水流晋》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top