ニールセン、デバイスの利用状況を調査する「Smartphone Analytics」開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ニールセン、デバイスの利用状況を調査する「Smartphone Analytics」開始

ウェアラブル ビジネス

1日当たりの平均充電回数:端末別
  • 1日当たりの平均充電回数:端末別
  • Nielsen Smartphone  Analytics が提供しているデータ
  • 主要アプリ利用状況:接続回線別1人当たりデータ使用量
 ニールセンは19日、スマートフォン利用状況分析レポート「Smartphone Analytics」の提供を開始した。

 「Smartphone Analytics」は、調査協力モニター4,000名(iOS、Android各2,000名)のスマートフォンに搭載したメーターにより、日本国内のスマートフォン・デバイスの利用動向をリアルタイムに計測し調査するサービス。収集したデータは統計処理を施し、バッテリーの利用状況、接続回線種別利用状況(Wi-Fiもしくはキャリア回線)、CPUやメモリの利用状況などを、携帯電話会社別/端末機種別もしくはアプリ別にレポートする。

 今回2月データの一部として、「スマートフォン端末別の1日あたりの平均充電回数」と「接続回線別の一人あたりのデータ使用量」が公開。それによると、平均充電回数(電源に繋がれた状態の回数。フル充電を行っている回数ではない)では、ハイスペックスマホである「Arrows X」の利用者の69%が日に5回以上充電をしていることが判明した。「Xperia A」では1回から2回の充電をする利用者がもっとも多く48%、「Galaxy S III」では1回から2回、3回から4回、5回以上がそれぞれ30%程度で分散している。

 またデータ使用量についてはと、動画関連アプリではWi-Fi経由でのデータ使用量がキャリア回線経由を大きく上回っており、利用者が明確に回線を選んでいる状況も明らかとなった。コミュニケーション関連アプリはキャリア回線経由が上回っており、落ち着いてWi-Fiが利用できる環境より、その場その場でアプリを利用している模様とのこと。
《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top