年齢が上がるにつれ、毎日ヨーグルトを食べる人が増えている…ソフトブレーン・フィールド調べ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

年齢が上がるにつれ、毎日ヨーグルトを食べる人が増えている…ソフトブレーン・フィールド調べ

新着 飲食

ヨーグルトを食べる頻度
  • ヨーグルトを食べる頻度
  • ヨーグルトを食べる頻度(女性)
  • ヨーグルトを食べる頻度(男性)
  • ヨーグルトを食べるシチュエーション
  • ヨーグルトに入れるもの
 ソフトブレーン・フィールドは、クレディセゾンとの共同事業である『レシートで貯める』のアンケートモニター5,807人(女性3,599人・男性2,208人、10代~80代)を対象に、「ヨーグルト」に関するアンケートを4月3日に実施し、その結果を発表した。

 アンケートの回答者にヨーグルトを食べる頻度を聞いたところ、「毎日」と回答した人が女性では27.0%、男性では23.8%と男女とも約4人に1人が毎日食べると回答した。一方、「ほとんど食べない」と回答した人が女性は4.8%だったのに対し、男性は11.3%で、男性の方がヨーグルトを食べない人の割合が多いことがわかった。

 ヨーグルトを食べる頻度について、男女の年齢別に分析したところ、男女ともに年齢が上がるに連れて毎日食べると回答した人の割合が大きくなった。特に50代と60代の間で世代間の差が大きくあらわれており、女性の毎日食べる人は60代以上で45.0%に対し、50代で31.8%と13.2ポイント差、男性では60代以上が40.2%に対し、50代では25.1%で、15.1ポイント差だった。

 ヨーグルトを食べるシチュエーションについて聞いたところ、女性の69.4%、男性の62.4%が「朝食時」と回答し、トップだった。男女でポイントが分かれたのが「昼食時」と「間食時」で、女性は16.8%が「昼食時」に、27.2%が「間食時」にヨーグルトを食べると回答したが、男性では「昼食時」は10.0%、「間食時」は17.0%にとどまった。

 ヨーグルトに入れるものについて聞いたところ、「生フルーツ」と回答した人が女性では29.4%、男性では20.2%でトップとなった。次いで「ジャム」が女性では28.5%、男性では18.2%で2位、「はちみつ」が女性では20.3%、男性では10.6%で3位となった。ヨーグルトに入れるものについては全体的に男性より、女性の方が回答率が高く、女性は様々な工夫をして楽しくヨーグルトを食べているようだ。
《浦和 武蔵》

編集部おすすめの記事

page top