富山市、コミュニティサイクルシステム「アヴィレ」を利用した観光を提案 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

富山市、コミュニティサイクルシステム「アヴィレ」を利用した観光を提案

ライフ 社会

富山市に旅行の際は、環境にもやさしい自転車を利用しよう。
  • 富山市に旅行の際は、環境にもやさしい自転車を利用しよう。
  • 富山市に旅行の際は、環境にもやさしい自転車を利用しよう。
富山市では、事業者と連携して自転車や路面電車などの二次交通の充実をはかり、それらを利用した観光旅行を提案している。その中で注目すべきなのが、コミュニティサイクルシステム「アヴィレ」である。

アヴィレは、24時間利用可能な先進的なコミュニティサイクルのシステム。富山市内に17カ所ある専用のステーションから「1日パス」を利用して自転車(アヴィレ)をレンタルし、好きなステーションに返却できるというものだ。

1日パスは、市内28カ所の提携施設(ホテルなど)で申し込みすることができ、基本料金は150円、デポジット350円(保証金。1日パス返却時に返金される)となっている。

同市は環境モデル都市として、「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり」によるCO2排出量の大幅削減を目指している。自転車の利用を促進することによって、CO2排出量の削減を図り、同時に中心市街地の活性化や回遊性の強化も図っている。
《久米成佳》

編集部おすすめの記事

page top