ブリヂストン、環境報告書2014 を発行…取水量削減活動など | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ブリヂストン、環境報告書2014 を発行…取水量削減活動など

ライフ 社会

ブリヂストングループ環境報告書 2014
  • ブリヂストングループ環境報告書 2014
ブリヂストンは、4月22日のアースデイに合わせて「ブリヂストングループ環境報告書 2014」を発行した。

同社グループは、2050年を見据えた環境長期目標を設定しており、報告書ではその長期目標に基づいた2013年の活動実績、および今後の活動計画を紹介している。

報告書によると、ブリヂストングループは、環境長期目標の一つである「生物多様性ノーネットロス」の考え方に基づき、取水による生態系への影響低減を目指して、取水量削減に関する2020年の中期目標を新たに策定。2020年までに、生産拠点での取水量原単位を平均で2005年対比35%削減するとしている。

また、2013年に改訂されたGlobal Reporting Initiative(GRI)の第4版のガイドラインを参照した環境情報開示を実施。環境側面での重要課題(マテリアリティ)を検討した上で、スコープ別の温室効果ガス排出量や水のリサイクル量のデータを追加し、重要課題に関する情報を拡充した。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top