日本気象協会、2014年春の花粉飛散予測(第4報)発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本気象協会、2014年春の花粉飛散予測(第4報)発表

バックナンバー 過去ニュース

日本気象協会は、2014年2月24日(月)に全国・都道府県別の2014年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第4報)を発表した。
  • 日本気象協会は、2014年2月24日(月)に全国・都道府県別の2014年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第4報)を発表した。
日本気象協会は、2014年2月24日(月)に全国・都道府県別の2014年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第4報)を発表した。

1月下旬から2月のはじめに、九州から関東地方の多くの所で花粉シーズンに入った。

東京都心も、日本気象協会の観測で、2月3日にスギ花粉の飛散開始が確認されている。この時期は、西日本を中心に最高気温が20度くらいまで上がり、東京都心も最高気温が平年を上回る日が数日続いたので、、例年よりも早い飛散開始となったようだ。

その後は寒気の影響で気温が低く、2月8日や14-15日は南岸低気圧により太平洋側で大雪になったことなどから、花粉シーズン入りした地域も花粉の飛散数は少ない状態が続いた。

一方、九州地方はすでに非常に多くの花粉が飛散し、スギ花粉のピークの時期を迎えている。

礒崎遼太郎
《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top