コットンケーシングのタイヤがチャレンジから登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コットンケーシングのタイヤがチャレンジから登場

バックナンバー 過去ニュース

 タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
  •  タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
 タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

 新製品の一番の特徴は、タイヤを構成する骨格ともいえるケーシング素材を、従来のコットン/ポリエステルの混紡である「コアスパン」から「コットン」へと改めたこと。コットンはもはやロードタイヤではほとんど使われなくなった素材だが、たった33mm幅のタイヤでオフロードを走るシクロクロスではしなやかさが最重要視されるため、 同ブランドはデュガストやFMBと並んでコットン素材の採用へと踏み切った。
 しなやかさは今までよりも空気圧を落とせるというメリットに直結。チームエディションのコットンケーシングはしなやかな中にもコシがあってバランスがよく、トレッドパターンだけに頼るような走りでなく、ケーシングのしなやかさを使った走りができる。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top