コットンケーシングのタイヤがチャレンジから登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コットンケーシングのタイヤがチャレンジから登場

 タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

バックナンバー 過去ニュース
 タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
  •  タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。
 タイヤブランド、チャレンジの新たなフラッグシップとなるコットンケーシングを採用したチームエディションシリーズより グリフォとライムスが入荷中。取り扱いはカワシマサイクルサプライ。

 新製品の一番の特徴は、タイヤを構成する骨格ともいえるケーシング素材を、従来のコットン/ポリエステルの混紡である「コアスパン」から「コットン」へと改めたこと。コットンはもはやロードタイヤではほとんど使われなくなった素材だが、たった33mm幅のタイヤでオフロードを走るシクロクロスではしなやかさが最重要視されるため、 同ブランドはデュガストやFMBと並んでコットン素材の採用へと踏み切った。
 しなやかさは今までよりも空気圧を落とせるというメリットに直結。チームエディションのコットンケーシングはしなやかな中にもコシがあってバランスがよく、トレッドパターンだけに頼るような走りでなく、ケーシングのしなやかさを使った走りができる。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top