BMX世界選手権に日本から45選手が出場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

BMX世界選手権に日本から45選手が出場

バックナンバー 過去ニュース

 BMX世界選手権がニュージーランドのオークランドで7月23日に開幕し、練習走行ののち開会式が行われた。日本からはこの大会にエリートとジュニアのチャンピオンシップに4選手、年齢別のチャレンジに41選手が出場する。
  •  BMX世界選手権がニュージーランドのオークランドで7月23日に開幕し、練習走行ののち開会式が行われた。日本からはこの大会にエリートとジュニアのチャンピオンシップに4選手、年齢別のチャレンジに41選手が出場する。
 BMX世界選手権がニュージーランドのオークランドで7月23日に開幕し、練習走行ののち開会式が行われた。日本からはこの大会にエリートとジュニアのチャンピオンシップに4選手、年齢別のチャレンジに41選手が出場する。

 24日から25日の日程で行われる年齢別クラスではガールズ14歳に3年連続4度目の世界選手権優勝がかかる畠山紗英と、2008年と2010年に優勝している榊原爽が出場。さらにガールズ13歳には2008年から2010年まで3年連続優勝を成し遂げた丹野夏波も出場。
 この3選手によって通算8回、2008年から5大会連続で日本人選手が世界チャンピオンのタイトルを獲得している。そのほかのクラスでも上位入賞が期待できる日本人選手が数多く出場する。
《編集部》
page top