アジア選手権のエリート男子ロードで日本勢は完敗 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アジア選手権のエリート男子ロードで日本勢は完敗

バックナンバー 過去ニュース

 第33回アジア自転車競技選手権、第20回アジア・ジュニア自転車競技選手権がインドのニューデリーで最終日となる3月17日の競技が行われ、男子エリートロードレースで盛一大(愛三工業)が10位になった。かつてアジアの盟主だったはずの日本勢は、他のアジア諸国の急成
  •  第33回アジア自転車競技選手権、第20回アジア・ジュニア自転車競技選手権がインドのニューデリーで最終日となる3月17日の競技が行われ、男子エリートロードレースで盛一大(愛三工業)が10位になった。かつてアジアの盟主だったはずの日本勢は、他のアジア諸国の急成
 第33回アジア自転車競技選手権、第20回アジア・ジュニア自転車競技選手権がインドのニューデリーで最終日となる3月17日の競技が行われ、男子エリートロードレースで盛一大(愛三工業)が10位になった。かつてアジアの盟主だったはずの日本勢は、他のアジア諸国の急成長に押されて総じて低調な記録に終わった。

[3月17日の日本人選手の結果]
●男子エリートロードレース(156.2km)
10位 盛一大(愛三工業)3時間36分38秒
途中棄権 西谷泰治(愛三工業)
途中棄権 畑中勇介(シマノレーシング)
途中棄権 佐野淳哉(ビーニファンティーニ)
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!

編集部おすすめの記事

page top