F・シュレックは出場停止でツール・ド・フランスに参戦できず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

F・シュレックは出場停止でツール・ド・フランスに参戦できず

バックナンバー 過去ニュース

 2012年7月のツール・ド・フランス期間中に利尿剤の使用でドーピング違反となったフランク・シュレック(ルクセンブルク、ラジオシャック・レパード)は、自国のアンチドーピング機構により1年間の出場停止が処された。
  •  2012年7月のツール・ド・フランス期間中に利尿剤の使用でドーピング違反となったフランク・シュレック(ルクセンブルク、ラジオシャック・レパード)は、自国のアンチドーピング機構により1年間の出場停止が処された。
 2012年7月のツール・ド・フランス期間中に利尿剤の使用でドーピング違反となったフランク・シュレック(ルクセンブルク、ラジオシャック・レパード)は、自国のアンチドーピング機構により1年間の出場停止が処された。

 これにより同選手は2013年7月13日までレース活動ができず、6月末に開幕する第100回ツール・ド・フランスに参加することができなくなった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫米国メディアに手の平を返させた大谷翔平、開幕前の酷評をどう感じていた?

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!

編集部おすすめの記事

page top