薬物問題のアームストロングからスポンサー相次ぎ撤退 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

薬物問題のアームストロングからスポンサー相次ぎ撤退

バックナンバー 過去ニュース
 ドーピング違反により自転車競技界から追放されたランス・アームストロング(41=米国)に対し、現役引退後もスポンサー支援や協力態勢を継続してきた企業が相次いで契約を解除した。

 自転車メーカーのトレックは10月17日にアームストロングに対するスポンサー契約を打ち切ると発表。スポーツ用品のナイキも同様の契約打ち切りを発表している。アームストロングはこれらの発表とほぼ同時に、ガン闘病者の救済を目的として自身が創設した「リブストロング基金」の代表を辞任した。
 アームストロングにツール・ド・フランス7連覇のタイトルはく奪と追放処分を科したUSADA(米国アンチドーピング機関)が10日、ドーピング使用に関する数々の具体的証拠を公表。これを受けて各社が契約打ち切りに動いた。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top