アームストロングが過去のドーピングで告発される | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アームストロングが過去のドーピングで告発される

バックナンバー 過去ニュース
 ツール・ド・フランスで前人未踏の7連覇を達成して2011年に引退した米国のランス・アームストロング(40)が米国反ドーピング機関によって告発され、転向したトライアスロン競技への出場を禁じられた。
  •  ツール・ド・フランスで前人未踏の7連覇を達成して2011年に引退した米国のランス・アームストロング(40)が米国反ドーピング機関によって告発され、転向したトライアスロン競技への出場を禁じられた。
 ツール・ド・フランスで前人未踏の7連覇を達成して2011年に引退した米国のランス・アームストロング(40)が米国反ドーピング機関によって告発され、転向したトライアスロン競技への出場を禁じられた。

 同機関が2009年と2010年における同選手の血液を鑑定した結果、血液ドーピングの根拠が認められると判断したことによる措置。
 同選手は生存率50%の睾丸癌を克服し、1999年から2005年までツール・ド・フランスを7連覇。2005年の最終日に現役を引退したが、2008年に電撃的に復帰。2009年はアスタナチームでアルベルト・コンタドールとの確執を露呈させた。2010年のツール・ド・フランスは総合23位だった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top