チクリッシモ第26号 ほか | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

チクリッシモ第26号 ほか

エンタメ 出版・映像
雑誌画像
チクリッシモ第26号
2011年10月18日発売
出版社:八重洲出版
定価:1575円
砂田弓弦監修の自転車ロードレース専門誌。特集は「ブエルタ・ア・エスパーニャ」「世界選手権」。ブエルタは土井雪広、世界選手権は日本選手に焦点を当てた記事も掲載。自転車競技熱が高いスペイン・バスク地方を紹介した「バスクの熱狂」も。とじ込み付録は「ジャパンカップ参戦プロチームサイン帳」。特別付録として「ブエルタ優勝者フアンホセ・コボのポスター」(A2判両面刷り)。そのほか、タイラー・フィニーのインタビュー、好評連載5大クラシックレース「モニュメント」など。

雑誌画像
自転車人2011秋号(No.025)
2011年10月15日発売
出版社:山と溪谷社
定価:1200円
五感を刺激する快走サイクリングマガジン。特集は「パス・ハンティング・ニッポン〜峠の向こうへ」。山岳展望を満喫する信州の名峠、京都から日本海をめざすパスハント・ライド、北海道の絶景温泉をめざす峠ライドのほか、全国都市近郊の名峠を紹介する。

雑誌画像
バイシクルトレーニングブック
2011年9月26日発売
出版社:ベースボール・マガジン社
定価:1890円
アテネ五輪MTB代表の元自転車選手、竹谷賢二が著したトレーニングブック。レースに勝ちたい、ヒルクライムで記録を出したい、長距離レースを完走したい、という思いをかなえる、スポーツバイクのトレーニングに特化した書籍。主な内容=かっこいいフォームが最適なフォームとは限らない。ペダリングの要?骨盤を安定させるサドルの座り方は?ペダリングスキルの理論と、高めるコツ、習得ドリルとは?流れるようなダンシングを行うには?加速でのパワーを高めるには?速度、ペダリング、地形に合ったギヤの選び方。コーナリングのコツは?習得ドリルは?

雑誌画像
自転車女医のサイクリニック
2011年9月22日発売
出版社:エイ出版社
定価:1050円
整形外科医の蔵本理枝子とイラストレーターのドロンジョーヌ恩田の共著。サイクリングにまつわる痛みやケガ、病気のメカニズムと解決法をまとめた。タイトルにある「サイクリニック」とはサイクリングとクリニックからなる造語。自転車に乗り始めると起こる「マタの痛み」や「腰痛」などを解説し、解決法をまとめた。専門的な内容でありながら2人のかけ合いによる軽快な文章とイラストで楽しく、正しく知識が得られる。サイクリングに持っていくと安心な「救急カード」も付録。

雑誌画像
ツール・ド・フランス2011
2011年8月18日発売
出版社:エイ出版社
定価:1260円
「地球上もっとも過酷で、もっとも美しい」と称されるスポーツの祭典ツール・ド・フランス。今年も198人の男たちによって熱い闘いが繰り広げられた。同書はマイヨジョーヌをめぐる3週間のレースを完全レポート。ステージごとにキーとなった選手をピックアップし、ツール・ド・フランスをめぐる彼らの物語に迫る。また、選手たちの走りを支えたハイスペックバイクを徹底紹介。最先端タイムトライアルバイクやパーツ類も掲載。「もう1つのツール・ド・フランス」では、選手たちが駆け抜けた美しいフランスの風景という視点から今年のツールを振り返る。

雑誌画像
チクリッシモ 第25号
2011年8月18日発売
出版社:八重洲出版
定価:1680円
最終日前日にマイヨジョーヌの行方がやっと定まるという、まれに見るデッドヒート。総合優勝争いに絡んだ選手に焦点を当てた記事で構成される。7回目の挑戦で初優勝したエバンス、2位と3位でそろって表彰台に上ったシュレック兄弟、マイヨジョーヌを10日間守ったボクレール、新人賞を獲得したロラン。入念な取材により、コンタドールを支えるエキスパート集団の役割と、なぜ落車が頻発したのかにも迫る。チームバイク紹介と、小河原政男のスケッチブックも掲載。ツール以外の記事も充実。世界選手権で巻き返しを図る新城幸也、ダニエル・オスのインタビュー、8月20日に開幕するブエルタとロード世界選手権の直前ガイド。ツールで撮影した総合優勝者カデロ・エバンスのA2判両面刷りポスターが付録。

雑誌画像
自転車生活 Vol.34
2011年8月16日発売
出版社:エイ出版社
定価:720円
いつも乗っている自転車も、パーツ交換、メンテナンス、セッティングなどで、もっとスムーズに、快適に、速く走れるようになれる。特集は「快感バイクの作り方」と題し、サドルや足まわりの選び方、ライディングフォームやクリーニング術など、そのチェックポイントを解説。さらに、SPD対応サンダルや保冷ボトルなど、夏でも快適に走るためのおすすめアイテムも掲載。また、最近増加中の普段使いできるジャージを多数紹介。シックなものからレトロなデザインのものまで、Tシャツ感覚で着られるジャージが目白押し。そして、現時点で発表されている2012年の注目モデルを速報で伝える。

雑誌画像
サイクリング解剖学
2011年6月25日発売
出版社:ベースボール・マガジン社
定価:2310円
自転車競技者のための究極の筋トレ実用書。シャノン・ソブンダル著、田畑昭秀・増田恵美子訳。自転車競技に特化したエクササイズと、エクササイズと自転車競技との関係をイラストと解説文により詳しく紹介。イラストでは、サイクリスト(自転車競技者)のための筋力トレーニングのエクササイズとその時の活動筋、コーナリング・上り坂・下り坂・スプリントに関係しているライディング時の活動筋を示している。解説文では、自転車競技の特性とエクササイズとの関係を説明している。

雑誌画像
自転車選手のアロマオイルマッサージ
2011年6月24日発売
出版社:エイ出版社
定価:2100円
著者はスポーツアロマ・コンディショニングトレーナーの軽部修子。MTB五輪代表選手の山本幸平が表紙や誌面中に登場。アスリートにとってトレーニングと同様に重要なのが「セルフケア」。ケアの際、アロマオイルを使うことで精神面、肉体面の疲れを取り除くことができる。同書は、スポーツアロマ・コンディショニングトレーナーの軽部修子さんが監修した、アロマオイルを使ったセルフケア方法をまとめた一冊。アロマオイルの作り方をはじめ、レース前やレース後、ストレスや怪我の時のためのアロマオイルの使い方、自分でできるセルフケアのノウハウ、自転車選手にオススメのトレーニングメニューを紹介。

雑誌画像
2011ツール・ド・フランス公式プログラム
2011年6月20日発売
出版社:八重洲出版
定価:1575円
世界11カ国で刊行されている公式ガイドブックの日本語版。執筆は、ジャック・ゴデ賞受賞のJF・ケネ、国際自転車ジャーナリスト協会会長のジル・ルロックをはじめとする超一流の自転車ジャーナリスト。ツールの主催者である「レキップ」紙が所有する歴史的写真もふんだんに掲載される。●主な内容=断面図・レース時刻表入り21ステージ解説/出場22チームの選手リスト&使用機材紹介/B・イノーによる辛口チーム力診断/有力選手とチームの紹介&実力比較/注目ステージ・規則・記録・歴史も掲載。付録は全ステージのルートを掲載した特大フランス全図。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top