熊本国際ロードはNIPPOの宮澤崇史が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

熊本国際ロードはNIPPOの宮澤崇史が優勝

バックナンバー 過去ニュース
 熊本国際ロードが10月10日に熊本県山鹿市で開催され、チームNIPPOの宮澤崇史(32)がシマノレーシングの畑中勇介(25)を写真判定という僅差で制して初優勝した。3位はシマノレーシングの鈴木真理(35)。
  •  熊本国際ロードが10月10日に熊本県山鹿市で開催され、チームNIPPOの宮澤崇史(32)がシマノレーシングの畑中勇介(25)を写真判定という僅差で制して初優勝した。3位はシマノレーシングの鈴木真理(35)。
 熊本国際ロードが10月10日に熊本県山鹿市で開催され、チームNIPPOの宮澤崇史(32)がシマノレーシングの畑中勇介(25)を写真判定という僅差で制して初優勝した。3位はシマノレーシングの鈴木真理(35)。

 レースはチームNIPPOが終始主導権を握り、最後はゴール勝負に。スプリント力のある宮澤が緩やかな上り坂に設定されたゴールラインを先頭で通過した。出走は86人、完走は28人。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top