ジロ・デ・イタリア第8Sはセレンセンが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ・デ・イタリア第8Sはセレンセンが優勝

バックナンバー 過去ニュース

 ジロ・デ・イタリアは5月16日、キアンチャーノ・テルメ~テルミニッロ間189kmで第8ステージを行い、デンマークのクリス・セレンセン(25=サクソバンク)が独走で優勝。首位のアレクサンドル・ビノクロフ(36=カザフスタン、アスタナ)は、他の有力選手と一緒に56秒遅れの6位集団でゴールし、マリアローザを守った。

●第8S成績
1 C・セレンセン(デンマーク、サクソバンク)4時間50分48秒
2 S・ストルトーニ(イタリア、コルナゴ・CSFイノックス)30秒遅れ
3 X・トンド(スペイン、サーベロ)36秒遅れ
4 E・ペトロフ(ロシア、カチューシャ)49秒遅れ
5 J・ガドレ(フランス、AG2Rラモンディアル)55秒遅れ
6 D・クネゴ(イタリア、ランプレ・ファルネスビーニ)56秒遅れ
138 新城幸也(Bboxブイグテレコム)17分55秒遅れ

●個人総合成績
1 A・ビノクロフ(カザフスタン、アスタナ)29時間01分26秒
2 C・エバンス(豪州、BMC)1分12秒遅れ
3 V・ニバリ(イタリア、リクイガス・ドイモ)1分33秒遅れ
4 I・バッソ(イタリア、リクイガス・ドイモ)1分51秒遅れ
5 M・ピノッティ(イタリア、HTC・コロンビア)2分17秒遅れ
6 R・ポート(豪州、サクソバンク)2分26秒遅れ
163 新城幸也(Bboxブイグテレコム)1時間07分58秒遅れ
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top