Tarzan 544号 ほか | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Tarzan 544号 ほか

エンタメ 出版・映像

雑誌画像
Tarzan 544号
2009年10月14日発売
出版社:マガジンハウス
定価:550円
同誌が得意とするフィットネス面での自転車の魅力を特集で取り上げる。ツール・ド・フランスの現場を訪れ、一般参加レースのエタップ・デュ・ツールに挑戦した今中大介のドキュメンタリーも掲載される。●主な内容/最速、超ゴキゲンのフィットネスマシン 自転車!/大友克洋、特別描き下ろしカバー/クロスバイク&ロードレーサーカタログ 2010年モデル/沖美穂のイタリア指導者修行記。

雑誌画像
東京自転車散走
2009年9月29日発売
出版社:実業之日本社
定価:1575円
東京の遊べるスポットや立ち寄り情報を、マップと写真でわかりやすく紹介。サイクリング愛好家に人気の26コースを厳選している。●主な紹介コース 皇居周辺、下町深川、浅草と隅田川、月島周辺、港区、新宿・中野、青山・表参道、駒場、恵比寿界隈、お台場、品川、谷中・根津、護国寺など

雑誌画像
関東周辺サイクリングロードガイド
2009年9月29日発売
出版社:実業之日本社
定価:1575円
関東近郊のサイクリングロードを厳選掲載。クルマを気にせずロングライドを楽しめる自転車ガイドの決定版。実走取材で最新情報を取材したもの。●広域コース=荒川サイクリングロード、江戸川サイクリングロード、多摩川サイクリングロード、利根川自転車道 ●東京=多摩湖自転車道など ●神奈川=境川サイクリングロードなど ●千葉=太平洋岸自転車道など ●埼玉=入間川サイクリングロードなど ●群馬=桃ノ木川・広瀬川サイクリングロードなど ●栃木=鬼怒川自転車道など ●茨城=つくばりんりんロードなど

雑誌画像
BICYCLE NAVI 2009 November(第39号)
2009年9月26日発売
出版社:二玄社
定価:1200円
隔月刊で発行される自転車専門誌。特集は「バイシクルファッション」。表紙モデルはV6の岡田准一。ファッションで、自転車は楽しくなる。/ニューモデルカタログ。/岩城滉一のロードバイク・ライフ。/編集部実践ダイエット 成果報告。/シェルパ斎藤の自転車で出会う楽園の島(夏休み編)。/「ツール・ド・フランス2009」現地リポート。

雑誌画像
自転車会議
2009年9月4日発売
出版社:PHP研究所
定価:1365円
「デキる人は漕いでいる」。自転車ツーキニストの疋田智をはじめ、片山右京・今中大介・勝間和代・谷垣禎一の共著で、「なぜ、各界のトップランナーは自転車を選ぶのか」をテーマに会議。各界の有識者を虜にし、ますます加熱する自転車ブーム。エコ、ダイエット、スポーツ、通勤など、さまざまなカテゴリーを分析。それを牽引してきたリーダーたちがその魅力、これからについて熱く語り合ったもの。

雑誌画像
荒川サイクリングマップ
自転車生活How to books06/2009年6月22日発売
出版社:ロコモーションパブリッシング
定価:1470円
奥秩父の山懐から東京湾へ。長大な流れに沿って走るサイクリングコースをガイド。Route01:三峰口〜長瀞(三峰口駅の上流を訪ねる 歴史の道・秩父往還栃本関跡と贄川宿へ) Route02:長瀞〜吉見運動公園(荒川のスケールを感じながら走る) Route03:森林公園〜荒川(荒川に向かうもう一本の道) Route04:吉見運動公園〜秋ヶ瀬(荒川の広さに驚き歴史の街並み・川越に感動) Route05:秋ヶ瀬公園〜葛西臨海公園(長かった自転車の旅もフィナーレ)

雑誌画像
トライアスロントリップ第2号
2009年9月4日発売
出版社:Gentle Breeze
定価:500円
日本で唯一のトライアスロン専門誌。トライアスロンカメラマンの本多ジェロが監修。特集アイアンマンジャパン五島長崎大会/トライアスリート的家族の肖像/復活旅烏、ホノルルトライアスロン/皆生大会レースレポート/NILOのはじめてのトライアスロン、グアム大会。

雑誌画像
ツール・ド・フランス2009
エイムック/2009年8月20日発売
出版社:エイ出版社
定価:1575円
日本選手2人が同時出場したツール・ド・フランスの激闘の模様を多角的に取材して収録したムック。●第1特集=新城幸也×別府史之 世界に挑め! 23日間のドリームストーリー ●第2特集 2009年、ロードバイク原色図鑑/虹色のツール・ド・フランス/帰ってきたランス・アームストロング/モンバントゥーが“魔の山”と呼ばれる理由/ツール・ド・フランスの謎を追え!/みんな大好き キャラバン隊

雑誌画像
CICLISSIOMO no.15(チクリッシモno.15)
サイクルスポーツ臨時増刊/2009年8月20日発売
出版社:八重洲出版
定価:1680円
日本人選手が13年振りに出場して初完走を果たしたツール・ド・フランス。別府史之、新城幸也両選手の活躍を、全16ページで詳細にレポート。さらに2度目の王座に就いたコンタドール、復活して3位入賞を果たしたアームストロング、アスタナとサクソバンクが火花を散らした山岳ステージの決戦、監督として9回目の優勝を果たしたブルイネール、最高の効率を追求したチームバイク…。ツールをいろいろな角度からとらえた記事が満載のまさに保存版。付録は、モンバントゥーを上る別府史之のA2判ポスター。

雑誌画像
嗚呼 愛しき自転車乗り
2009年7月27日発売
出版社:エイ出版社
定価:1575円
自転車雑誌「バイシクルクラブ」に人気連載をもつドロンジョーヌ恩田の処女作。マニアックな自転車、特にロードバイクにハマった人たちの日常に起こる「あるある」ネタを中心に、コミカルなイラストをオールカラーページで贅沢に綴った1冊。巻末付録「自転車ブログ」では自転車初心者だったドロンジョーヌが、ディープな自転車マニアへと成長していく過程を追う。ほか、写真マンガでつづる自転車日記「妻クリングロード」や本邦初!?の自転車官能小説「自転車性活」も収録。
《編集部》
page top