ツールのコース上で1日1回の食料補給 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツールのコース上で1日1回の食料補給

バックナンバー 過去ニュース
 23日間の日程で開催されるツール・ド・フランスは、1日5時間前後のレースを行うため、選手のエネルギー補給は非常に重要だ。スタート前に背中のポケットにさまざまなスタイルの補給食を入れておくが、レースの途中でも各チームのトレーナーが袋に入った食料を手渡して
  •  23日間の日程で開催されるツール・ド・フランスは、1日5時間前後のレースを行うため、選手のエネルギー補給は非常に重要だ。スタート前に背中のポケットにさまざまなスタイルの補給食を入れておくが、レースの途中でも各チームのトレーナーが袋に入った食料を手渡して
 23日間の日程で開催されるツール・ド・フランスは、1日5時間前後のレースを行うため、選手のエネルギー補給は非常に重要だ。スタート前に背中のポケットにさまざまなスタイルの補給食を入れておくが、レースの途中でも各チームのトレーナーが袋に入った食料を手渡している。

 自転車ロードレースでは食料補給も自転車に乗ったまま。スタート時に背中に入れた食料がなくなったら、ハンガーノックで脱落してしまう。そのため各ステージの中盤以降に、マッサーと呼ばれるトレーナーが先行し、選手に布袋を手渡すのだ。
 ちなみにボトルは、選手の後ろを走るチームカーから手渡してもらえる。各チームのアシスト役がチームカーまでボトルを取りに行き、所属チームのエースのところまで運んでいくのである。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top