KEIRINグランプリは井上昌己が制して1億円を獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

KEIRINグランプリは井上昌己が制して1億円を獲得

 優勝賞金1億円のKEIRINグランプリが12月30日に神奈川県の平塚競輪場で行われ、長崎の井上昌己(いのうえまさき=29)が制して1億円を獲得した。2位は埼玉の平原康多(26)、3位は石川の小嶋敬二(39)。北京五輪ケイリン銅メダルの永井清史(25)は、残り1周から敢然

バックナンバー 過去ニュース
 優勝賞金1億円のKEIRINグランプリが12月30日に神奈川県の平塚競輪場で行われ、長崎の井上昌己(いのうえまさき=29)が制して1億円を獲得した。2位は埼玉の平原康多(26)、3位は石川の小嶋敬二(39)。北京五輪ケイリン銅メダルの永井清史(25)は、残り1周から敢然と逃げを試みたが、小嶋ら追走集団に捕まった。

 優勝した井上は陸上競技出身。高3のときにインターハイ八種競技で優勝した実績を持つ。01年に競輪選手としてデビュー。アテネ五輪チームスプリントの第3走者として、有力候補だった永井をおさえて出場。銀メダル獲得の立役者となった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top