TOKYO自転車人 VOL.2 ほか | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

TOKYO自転車人 VOL.2 ほか

エンタメ 出版・映像

雑誌画像
自転車人
No.9
2007年10月12日発売
出版社:山と溪谷社
定価:1000円
特集は「BICYCLE TRIP! 旅と自転車と出会いと」。瀬戸内しまなみ海道、鳥海山などの実走ルポのほか、全国各地のおすすめコースを紹介している。ニッポンの風景を旅する 絶景サイクリングコース8 ウェアリング・オブ・サイクリング シマノ・バイカーズ・フェスティバル 700Cホイール特集 最新ホイールで走りを変える! 2008年ニューモデル徹底インプレッション アメリカ人気2大ブランド新製品トピックス レポート ユーロバイク2007

雑誌画像
TOKYO自転車人
VOL.2
2007年9月4日発売
出版社:山と溪谷社
定価:980円
首都圏発、自転車のあるライフスタイルを提案するムック。同社が発行する「自転車人」の姉妹誌としてVOL.1が創刊され、好評のため2冊目の刊行となった。雑誌のコンセプトは、前号同様に普段着でサイクリングを楽しむ、自転車生活エントリーマガジン。TOKYO自転車人in多摩川サイクリングロード TOKYO自転車人in表参道 まだまだ知らない風景、こんなにあったんだ! いま売れてる自転車はコレ! 編集部イチオシ 人気自転車店 ちょっとイジルだけで、あらカッコイイ

雑誌画像
サクリファイス
2007年8月31日発売
出版社:新潮社
定価:1575円
ロードレースをテーマにした青春小説。著者はミステリ作家の近藤史恵。勝つことを義務づけられたエースと、それをサポートするアシストが、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった。二転三転する真相、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

雑誌画像
ツール・ド・フランス2007
エイムック/2007年8月27日発売
出版社:エイ出版社
定価:1575円
今年のレースレポートをはじめ、過去のスター選手を紹介するなど、ツール・ド・フランスに初めて興味を持った人にもわかりやすい作りが特長。写真は井上六郎カメラマンのもの。スポーツジャーナリストの山口和幸によるレポートも定評。主な内容=キーワードでつづる3500km 歴代スーパースターの軌跡 プロチームを支えるスポンサー事情 ツールを戦うバイクの完全スペック

雑誌画像
ツール・ド・フランスEX 2007
別冊RALLY-Xpress/2007年8月10日発売
出版社:山海堂
定価:600円
日本で唯一のツール・ド・フランス速報誌。エヴァンス、コンタドール、ライプハイマー…。戦国時代を制するのは誰だ? ステファン・シューマッハー独占取材 ついに非欧州ブランド率50%、バイクのスペック大研究 別府史之、ツール・ド・ロマンディーで惜しくも2位! 2010年ツール出場を目指せ、NIPPO・梅丹の宮澤崇史インタビュー

雑誌画像
CICLISSIMO
no.6(チクリッシモno.6)
ヤエスメディアムック179/2007年7月18日発売
出版社:八重洲出版
定価:1680円
特集は、世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスの完全レポート。砂田弓弦の写真で、ツールの静と動,光と陰をグラフィックな誌面で再現する。フランス人記者、JF・ケネによるレースレポートとドーピングに揺れたツールの真相分析、アメリカ人記者、T・マロニーのチームバイク解剖記事。フォトストーリー「マルコ・パンターニよ。永遠に!-前編」を掲載。ブエルタ・ア・エスパーニャ直前展望。付録/ツール撮り下ろしポストカード3枚。

雑誌画像
自転車人
No.008
別冊山と溪谷/2007年7月12日発売
出版社:山と溪谷社
定価:1000円
特集は、世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスの完全レポート。砂田弓弦の写真で、ツールの静と動,光と陰をグラフィックな誌面で再現する。フランス人記者、JF・ケネによるレースレポートとドーピングに揺れたツールの真相分析、アメリカ人記者、T・マロニーのチームバイク解剖記事。フォトストーリー「マルコ・パンターニよ。永遠に!-前編」を掲載。ブエルタ・ア・エスパーニャ直前展望。付録/ツール撮り下ろしポストカード3枚。

雑誌画像
CICLISSIMO
no.5(チクリッシモno.5)
ヤエスメディアムック170/2007年6月20日発売
出版社:八重洲出版
定価:1575円
●砂田弓弦カメラマンが監修するロードレース専門ブック ●90回を迎えたイタリア一周レース、ジロ・デ・イタリアを完全レポート ●日本人で唯一、二輪伴走撮影が許されている砂田弓弦氏の写真をグラフィックにレイアウト ●地獄の入り口、モンテ・ゾンコラン ●山岳TTコース、聖地オローパの伝説 ●山岳ステージハイライト ●ベテラン記者、JF・ケネによるディルーカとシュレックのストーリー ●T・マロニーによる山岳ステージ使用マシン大解剖 ●2007ツール直前展望 ●マキュウェンの自宅訪問インタビュー

雑誌画像
ツール・ド・フランス完全ガイド
土肥志穂・著/2007年6月15日発売
出版社:出版社:楓書店
定価:1575円
●ツール・ド・フランスを現地取材する女性ライター・土肥志穂さんの「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」に続く2冊目のツール・ド・フランス本 ●ツール・ド・フランスの基礎知識から、ちょっとした疑問、07年の注目選手・コース紹介などに加え、「いつかはツールを現地で見たい!」という人のための現地観戦ガイドつき ●ツール・ド・フランス基礎知識 ●ツールのあれこれQ&A ●レース・戦略の読み方 ●注目選手ガイド ●2007年コースガイド ●ツール・ド・フランスを見に行こう!実用的観戦ガイド

雑誌画像
並木橋通りアオバ自転車店
宮尾岳/「ヤングキング」に連載中(単行本は現在19巻)
出版社:少年画報社
定価:550円
並木橋通りにある「アオバ自転車店」という架空の自転車専門店を舞台とし、自転車とそれを巡る人間関係を描いた作品。自転車という乗り物をきっかけとして、人々の生活や考え方、人生にまで変化が訪れるという人情味溢れるストーリーは暖かい感動を与えてくれる。ランドナー、小径車、ロードレーサー、マウンテンバイクといった魅力的でマニアックな自転車たちも登場し、物語の名脇役として活躍する。
《編集部》
page top