最新レンタル自転車「ベリブ」で走るのがパリの流行 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

最新レンタル自転車「ベリブ」で走るのがパリの流行

バックナンバー 過去レポート
 フランスの首都パリでは、07年7月15日にスタートしたレンタル自転車システム「Velib'=ベリブ」が大ヒット。利用料を抑え、好きなときに好きな場所で借りることができるのが魅力。交通渋滞、排気ガスや騒音問題の緩和、地球温暖化の抑制のためにパリ市が取り組む本気
  •  フランスの首都パリでは、07年7月15日にスタートしたレンタル自転車システム「Velib'=ベリブ」が大ヒット。利用料を抑え、好きなときに好きな場所で借りることができるのが魅力。交通渋滞、排気ガスや騒音問題の緩和、地球温暖化の抑制のためにパリ市が取り組む本気
 フランスの首都パリでは、07年7月15日にスタートしたレンタル自転車システム「Velib'=ベリブ」が大ヒット。利用料を抑え、好きなときに好きな場所で借りることができるのが魅力。交通渋滞、排気ガスや騒音問題の緩和、地球温暖化の抑制のためにパリ市が取り組む本気の事業だ。

 ベリブはフランス語で「自転車」と「自由」という単語を組み合わせたもの。これまでクルマの駐車スペースだった道路の路肩に設置され、1カ所につきおよそ20台の自転車がずらりと並ぶ。パリ市によれば「平均して300mの間隔で市内全域をカバーする」計画のようだ。
 貸し借りはオートマチック。つまり無人で、24時間営業だ。各ステーションにはポストのような機械が設置され、ICチップ読み取り部分に専用パスを接触させると、並んだ自転車の1台のロックが解除される仕組み。
 自転車はスチール製の、いわゆるお買い物自転車。昼間でも走行時にはライトが点灯する。このスタイルが近未来的で、それも流行の原因となっているようだ。
 利用手続きはまずクレジットカードを使って専用パスを購入する。登録料は1日パスが1ユーロ(約160円)、1週間が5ユーロ、1年間が29ユーロだ。未返却などの違反があった場合はクレジットカードから保証金が引き落とされる。
 そして利用に応じて使用料がかかる。30分以内なら無料で、最も利用者が多いという。1時間以内でもたった1ユーロで、地下鉄よりも安い。それ以降は徐々に割高になっていくので、短時間で移動するようなときに使うと便利なシステムだ。(山口和幸)
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top