MTBジャパンシリーズ・瀬女大会で永田隼也が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

MTBジャパンシリーズ・瀬女大会で永田隼也が優勝

バックナンバー 過去ニュース
 JCFマウンテンバイク・ジャパンシリーズの最終戦となる石川・瀬女大会は、10月13日にダウンヒル種目が石川県白山市・MTBワールドSENAで開催され、Gクロス・ホンダ・イデガワの永田隼也(19)が優勝した。
  •  JCFマウンテンバイク・ジャパンシリーズの最終戦となる石川・瀬女大会は、10月13日にダウンヒル種目が石川県白山市・MTBワールドSENAで開催され、Gクロス・ホンダ・イデガワの永田隼也(19)が優勝した。
 JCFマウンテンバイク・ジャパンシリーズの最終戦となる石川・瀬女大会は、10月13日にダウンヒル種目が石川県白山市・MTBワールドSENAで開催され、Gクロス・ホンダ・イデガワの永田隼也(19)が優勝した。

[競技結果]
●DH男子エリート(3.65km)
1 永田隼也(Gクロス・ホンダ・イデガワ )4分47秒821
2 内嶋亮(Gクロス・ホンダ・ウチジマ)4分50秒269
3 安達靖(Team Ikuzawa )4分50秒751

●DH女子エリート(3.65km)
1 末政実緒(FUNFANCY/INTENSE)5分26秒139
2 飯塚朋子(ATOMIC RACING)6分25秒834
3 富田敬子(ZONE/Red Cone)6分30秒641

◆ダウウンヒル・ジャパンシリーズチャンピオン
男子 安達靖(Team Ikuzawa)618点
女子 渡邉キャリー(キャノンデール)584点
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top