サーキット・ゲッチョでNIPPO・梅丹の宮澤が2位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サーキット・ゲッチョでNIPPO・梅丹の宮澤が2位

バックナンバー 過去ニュース

 UCIクラス1のワンデーレース、第62回サーキット・ゲッチョ(メモリアル・リカルド・オチョア)が7月31日にスペインで行われ、NIPPO・梅丹の宮澤崇史(29)が2位となった。 この大会はスペイン・バスク地方の16.85kmの周回コースを11周する 185.35kmのレース。宮澤はチ
  •  UCIクラス1のワンデーレース、第62回サーキット・ゲッチョ(メモリアル・リカルド・オチョア)が7月31日にスペインで行われ、NIPPO・梅丹の宮澤崇史(29)が2位となった。 この大会はスペイン・バスク地方の16.85kmの周回コースを11周する 185.35kmのレース。宮澤はチ
 UCIクラス1のワンデーレース、第62回サーキット・ゲッチョ(メモリアル・リカルド・オチョア)が7月31日にスペインで行われ、NIPPO・梅丹の宮澤崇史(29)が2位となった。 この大会はスペイン・バスク地方の16.85kmの周回コースを11周する 185.35kmのレース。宮澤はチームバン時代の昨年、16位に終わった。
 クラス1はさすがに賞金も高額で、2位でも2700ユーロあまりを獲得。優勝はケスデパーニュのビセンテ・レイネス(26=スペイン)。
 以下は宮澤のコメント。

「ツアー・オブ・ジャパン大阪ステージのように(新城)幸也と2人で最後のコーナーを先頭で入ったが、ラスト50,で並ばれ、2位に終わった。チームの目標であるクラス1の勝利はかなわなかったが、次のレースも頑張っていく」
《編集部》
page top