マイヨジョーヌのラスムッセンが薬物疑惑で出場停止 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マイヨジョーヌのラスムッセンが薬物疑惑で出場停止

バックナンバー 過去ニュース

 ツール・ド・フランス参加中のオランダの自転車チーム、ラボバンクは7月25日深夜、所属選手のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク)に出場停止処分を科した。処分の理由は規則違反と発表されたが、同選手に薬物違反の疑いがあるため。25日に開催された第16ステー
  •  ツール・ド・フランス参加中のオランダの自転車チーム、ラボバンクは7月25日深夜、所属選手のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク)に出場停止処分を科した。処分の理由は規則違反と発表されたが、同選手に薬物違反の疑いがあるため。25日に開催された第16ステー
 ツール・ド・フランス参加中のオランダの自転車チーム、ラボバンクは7月25日深夜、所属選手のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク)に出場停止処分を科した。処分の理由は規則違反と発表されたが、同選手に薬物違反の疑いがあるため。25日に開催された第16ステージで優勝したラスムッセンは総合優勝を確実視されていた。これによって26日に開催される第17ステージはマイヨジョーヌが不在となる。

 ラスムッセンは5月と6月の2度に渡ってデンマーク自転車競技が実施した薬物検査を受けなかったことで、デンマークのナショナルチームから外されている。大会14日目にそのニュースが発表され、ラスムッセンに対する疑惑が強くなった。国際自転車競技連盟のマッケイド会長は、「自転車競技のイメージとしては彼にツール・ド・フランスで優勝してほしくない」と発言している。
《編集部》
page top