ジェイミスがカーボンロードなど2008年モデルを発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジェイミスがカーボンロードなど2008年モデルを発表

バックナンバー 過去ニュース

 7月25日、都内でジェイミス・ジャパンの展示会が行われ、ジェイミスブランドの2008年モデルが発表された。08モデルではカーボンモノコックロードモデルの「ゼニス」シリーズやカーボンTTバイクも投入され、ロードバイクのラインナップが充実している。
  •  7月25日、都内でジェイミス・ジャパンの展示会が行われ、ジェイミスブランドの2008年モデルが発表された。08モデルではカーボンモノコックロードモデルの「ゼニス」シリーズやカーボンTTバイクも投入され、ロードバイクのラインナップが充実している。
 7月25日、都内でジェイミス・ジャパンの展示会が行われ、ジェイミスブランドの2008年モデルが発表された。08モデルではカーボンモノコックロードモデルの「ゼニス」シリーズやカーボンTTバイクも投入され、ロードバイクのラインナップが充実している。

 ロードバイクは、アメリカのプロレースでも活躍するカーボンモノコックロードバイク「XENITH(ゼニス)」シリーズを筆頭に、クロモリフレームの「QUEST(クエスト)」、アルミ/カーボンバックフレームの「VENTURA RACE(ベンチュラレース)」など幅広くラインナップ。
 トップモデルの「ZENITH TEAM」(¥690,000)はキース・ノリス選手(AEG TOSHIBA ジェットネットワークプロサイクリングチーム)によってU23カテゴリーのアメリカチャンピオンに輝いている。

 MTBはメインコンポをシマノ・XTとして価格を下げた名車「DRAGON PRO(ドラゴンプロ)」を初め、29インチホイールを採用した「DRAGON 29'er(ドラゴントゥーナイナー)」、アルミフレームの「DURANGO(デュランゴ)」シリーズ、高いコストパフォーマンスを誇る「TRAIL(トレイル)」シリーズなどを揃える。

 また、人気のクロスバイク「CODA(コーダ)」シリーズや、一番ジェイミスらしいモデルともいえるツーリングバイク「AURORA(オーロラ)」シリーズも健在。

 さらにカーボンエアロフレームにイーストンのホイール、カーボンハンドル、メインコンポにはデュラエースを装備して50万を切るプライスタグを下げたタイムトライアル/トライアスロンバイク「XENITH T1(ゼニスT1)」もデビュー。

 その他、ジェイミスジャパンではカーボン、チタンなどの素材を使い高品質で高性能なロード&トライアスロンバイクを生み出すカナディアンブランド「GURU」や、ワールドチャンピオンも獲得したレーシングMTBブランド「MSC」なども取り扱う。
《編集部》
page top