XTERRAデュアスロン滋賀大会は小笠原崇裕が制覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

XTERRAデュアスロン滋賀大会は小笠原崇裕が制覇

バックナンバー 過去ニュース

 6月10日(日)に滋賀県蒲生郡日野町のグリム冒険の森で開催された「XTERRAジャパンデュアスロン滋賀大会」は、小笠原崇裕(長野県)がMTBでのアドバンテージを活かし優勝した。
  •  6月10日(日)に滋賀県蒲生郡日野町のグリム冒険の森で開催された「XTERRAジャパンデュアスロン滋賀大会」は、小笠原崇裕(長野県)がMTBでのアドバンテージを活かし優勝した。
 6月10日(日)に滋賀県蒲生郡日野町のグリム冒険の森で開催された「XTERRAジャパンデュアスロン滋賀大会」は、小笠原崇裕(長野県)がMTBでのアドバンテージを活かし優勝した。

 XTERRAジャパンデュアスロン滋賀大会は、今回はじめて開催された大会。トレイルラン+MTB+トレイルランのデュアスロン形式でのXTERRAの開催は世界初。

 前日には、激しい雷雨が続き、コースは非常にマッディ。スタートまでには天候も回復したが、コースコンディションは、MTBのトップライダー小笠原に有利なものだった。2位は、元デュアスロン日本チャンピオンの高橋泰夫(岡山県)。

 トップ選手が熱い戦いを繰り広げる一方で、小学生達が参加したキッズ部門や、2名の選手で行うリレー部門などもあり、多くの選手が笑顔でフィニッシュし、どろんこ遊びを楽しんだ。

 次回のXTERRAは、6月30日、7月1日に兵庫県三木市グリーンピア三木で開催される「XTERRAジャパンスプリントGP三木大会」。
《編集部》
page top