2006全日本学生クリテリウム・シリーズ全8戦が終了 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2006全日本学生クリテリウム・シリーズ全8戦が終了

バックナンバー 過去ニュース

 2007年3月11日、埼玉県菖蒲町において「2006年度全日本学生クリテリウム・シリーズ第8戦」が行われ、石井陽(立命館大学)が優勝した。これで2006年度全日本学生クリテリウム・シリーズ全8戦が終了し、総合優勝は辻善光(立命館大学)に決定した。

 「全日本学生クリテリウム・シリーズ」は今年度、長野県穂高ラウンドを皮切りに、長野白馬、滋賀県立命館大学キャンパス、東京都昭和記念公園、埼玉県菖蒲町など日本全国各地で計8戦開催された。
 3月11日、埼玉県菖蒲町でシリーズ最終戦となる「2006年度全日本学生クリテリウム・シリーズ第8戦」が行われ、石井陽が優勝。2位は辻善光、3位は辻本翔太(順天堂大学)。
 この結果、2006年度のクリテリウム・シリーズ通算成績は、総合優勝が辻善光、2位は石井陽、3位は渡辺将大(中央大学)となった。

 2007年度は長野県菜の花飯山ラウンド(4月21~22日)を初戦として、全12戦が予定されている。

●2006全日本学生クリテリウム・シリーズ総合結果
1 辻善光(立命館大学)
2 石井陽(立命館大学)
3 渡辺将大(中央大学)
《編集部》
page top