Team VANG、スペイン・バスク地方でのレースに参加(1) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Team VANG、スペイン・バスク地方でのレースに参加(1)

バックナンバー 過去ニュース

Team VANG、夏の第2戦のレポート。スペイン・バスク地方で行われたレースは、峠を5つ含むハードなコース。まずは先頭グループに残ることが課題だ。
  • Team VANG、夏の第2戦のレポート。スペイン・バスク地方で行われたレースは、峠を5つ含むハードなコース。まずは先頭グループに残ることが課題だ。
Team VANG、夏の第2戦のレポート。スペイン・バスク地方で行われたレースは、峠を5つ含むハードなコース。まずは先頭グループに残ることが課題だ。

本格的な山岳コースで、チームとしては一人でも先頭グループに残し、勝負に加わりたい。展開上、本日好調の新城を先頭に残すべく動く。
最後の峠でも30人の先頭グループに残り期待するが、峠頂上後一歩で後退、勝負から外れた。スペインのプロツアー勢を押さえ独走で勝ったのは、2005年TOJの覇者カルデナス。山岳王の力は健在だった。
チームとしては、スペインの山岳レースでトップグループに残る厳しさを改めて痛感した。また、新城の順位は平凡だったが、個人の力の伸びとしては周囲からも高評価されている。
(浅田監督コメント)


----------------------------------------------------------
□CLASICA ORDIZIA 165
7月25日 スペイン・バスク地方 UCIクラス1.1

□参加チーム
CMUNIDAD VALENCIANA
EUSKATEL-EUSKADI
CAISSE D'EPAGNE
SAUNIER DUVAL
ANDALUCIA
KAIKU
RELAX
3 MOLINOS RESORT
GROUPO NICOLAS MATEOS
MASSI
ORBEA
SPIUK EXTREMADURA
VINA MAGNA
ATOM
BARLOWORD
TEAM TIAA-CREEF

□レース結果
1位 Felix CARDENAS (COL/BARLOWORD) 3h51m02s
…33位 新城幸也+54秒、76位田中総+10分50秒
(井上、宮澤、福島康司はタイムアウト、水谷、福島晋一、佐野淳哉は途中棄権、
清水都貴は途中落車にて負傷、棄権)
《編集部》
page top