ダニエル太郎、屋久島でオフを満喫「美しいし怖いし凄いエネルギーを持ってる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ダニエル太郎、屋久島でオフを満喫「美しいし怖いし凄いエネルギーを持ってる」

エンタメ スポーツ・エンタメ

ダニエル太郎(c)Getty Images
  • ダニエル太郎(c)Getty Images
(c)Getty Images

男子テニスのダニエル太郎が11月22日にツイッターを更新。屋久島で大自然に触れた様子を紹介し、「美しいし怖いし凄いエネルギーを持ってる木でした」と縄文杉の感想をつづっている。

グリゴール・ディミトロフのATPワールドツアー・ファイナル初優勝で幕を閉じた今季の男子テニス。長い1年を終えたダニエルは14日の投稿で「とにかく今は疲れたので休みます。今シーズンも本当に応援ありがとうございました!応援してくれるみんなのために来シーズンもっと元気に戻ってきます!」とファンの声援に感謝していた。

そして重圧から解放されたダニエルは、大自然を求めて20日早朝に屋久島へ出発。21日には「白谷雲水峡!今まで経験してきた自然のスケールと全く違う」と興奮。翌日には早朝登山で縄文杉に到達した。



ダニエルの投稿にファンからは、「修行のようなハイクでしたね。屋久杉から沢山パワーをもらって、来期が良いシーズンになりますように」「大変な思いした分パワーいっぱいですね」「7時間ハイク無事帰還できて良かった」「たろちゃんは7時間クリア!さすが!アスリートそして若い!」「縄文杉からいっぱいパワーもらいましたね」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top