セーリングワールドカップ第1戦に向け、大会実行委員会を設立 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

セーリングワールドカップ第1戦に向け、大会実行委員会を設立

スポーツ 短信

セーリングワールドカップ第1戦に向け、大会実行委員会を設立
  • セーリングワールドカップ第1戦に向け、大会実行委員会を設立
  • セーリングワールドカップ第1戦に向け、大会実行委員会を設立
  • セーリングワールドカップ第1戦に向け、大会実行委員会を設立
2018年9月に神奈川県江の島で開催される「セーリングワールドカップ」第1戦に向け、セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会が設立された。

11月14日(火)には、江の島ヨットハーバーで同実行委員会の設立総会と記者会見を開催。実行委員会 名誉会長の黒岩祐治神奈川県知事は、「セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会は、オリンピックに向けてのテスト的な大会という位置づけになる。最高のワールドカップにして、最高のオリンピック大会に結びつけていきたい」とコメントした。

実行委員会会長の河野博文日本セーリング連盟会長も、「ワールドカップを招致した目的は、日本の選手に日本に居ながらにして、世界の最高峰の選手と真剣勝負をする機会を多く設けることです。今年は江の島の準備の都合もありまして、蒲郡で開催しましたが、日本選手が5つのメダルを獲得するという画期的な結果が得られました」と成果を語った。

大会出場予定の470級女子日本代表の吉田愛、吉岡美帆も出席し、吉田が「選手としては、しっかりと成績を残して、より多くの方に関心を持ってもらえるように頑張っていきたい」とコメント。吉岡も「私たち自身も見てくれる人たちも一緒に楽しめるようなレースをしたい」と意気込みを語った。

セーリング ワールドカップシリーズは、2018年9月9日(日)~16日(日)に開催。ワールドセーリング(国際セーリング連盟)がが統括するランキング上位者が出場し、世界を転戦しながら1年間に4大会を行う。日本では来年以降、3年連続で江の島ヨットハーバーで開催する。2019年、2020年の開催スケジュールは、ワールドセーリング、関係団体と調整して決定する予定だ。

■2017年 セーリング ワールドカップシリーズ愛知・蒲郡大会の日本人成績
・銀メダル:磯崎哲也/高柳彬(470級男子)
・銀メダル:吉田愛/吉岡美帆(470級女子)
・銀メダル:大西富士子(RS:X級女子)
・銅メダル:土居一斗/木村直矢(470級男子)
・銅メダル:原田小夜子/永松瀬羅(49erFX級)
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top