ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催

イベント スポーツ
ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催
  • ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催
  • ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催
  • ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催
  • ネットタイム導入!「松戸市七草マラソン大会」1月開催
新年の走り初めとして多くの参加者に親しまれている「第63回 松戸市七草マラソン大会」が、七草の日である2018年1月7日(日)に開催される。

「松戸市七草マラソン大会」は、4つの距離、15の種目から選んで参加できることが特徴の大会だ。距離は2km、3km、5km、10kmを用意。5kmの部と10kmの部には、ネットタイムを導入する。また、松戸市出身の箱根駅伝ランナー 早稲田大学競走部4年の安井雄一がゲストランナーとして登場する。

参加賞は3種類用意。Tシャツ、タオル、アームカバーの中から好きなグッズを選ぶことができる。参加賞やゼッケンは事前発送されるため、大会当日に着用することも可能だ。飲食店、スポーツ用品などを中心に13店舗が立ち並ぶ出店エリアや、千葉県マスコットキャラクターのチーバくん、まつど応援キャラクターの松戸さんの来場も予定されている。

会場は、松戸運動公園(千葉県松戸市上本郷4434)。参加料 ファミリー1組2,500円、小・中学生800円、高校生1,600円、一般2,800円。申込み詳細は、松戸市公式ホームページにて告知中。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top