野球界にIoT革命…センサー内蔵の野球ボールが発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

野球界にIoT革命…センサー内蔵の野球ボールが発売

新着 製品/用品
左から中村稔氏、宮本和知氏、片岡安祐美さん、稲垣一哉氏
  • 左から中村稔氏、宮本和知氏、片岡安祐美さん、稲垣一哉氏
  • 宮本氏によるデモンストレーション
  • 宮本氏によるデモンストレーション
  • 野球界にIoT革命…センサー内蔵の野球ボールが発売
  • 株式会社アクロディア 代表取締役社長・堤純也氏
  • 元巨人・中村稔氏
  • アルプス電気株式会社 営業本部 民生・新市場業務部 1Gグループマネージャー・稲垣一哉氏
  • 元巨人・宮本和知氏
プロ野球界の名将・野村克也氏は監督時代に「ID野球」を提唱し、データを重視した戦い方を浸透させて野球界を席巻した。

9月25日、そのID野球に革命を起こす製品が登場。スマートフォン向けサービスを提供する株式会社アクロディアが、野球ボールにセンサーを内蔵した『Technical Pitch』を発表した。

ボール本体を投げると、球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さを計測され、Bluetoothでスマートフォンと連動することで投球データの解析を行うことができるIoT製品だ。

ボールを1mほど上に投げることで起動する

硬式ボールは本来、コルクの芯に糸を巻きつけ製造されるが、中心部となる部分にコルクと同等の大きさ、重さのセンサーを内蔵することで、試合球と同じ感覚で投球することが可能となっている。

センサーは、アルプス電気株式会社の協力の元、世界最高峰の9軸センサー(3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、3軸角速度センサー)を使用。世界初の新技術であり、特許も取得済みだという。

『Technical Pitch』は、現役時代は巨人でピッチャーとして優勝に貢献し、引退後はピッチングコーチを務めた中村稔氏の指導の元、投球モーションの解析に力を入れている。構えてからリリースするまでの動き、強さを計測し、投球モーションの違いを確認することができる。この機能により、ストレートと変化球のモーションの違いの改善が期待できる。

製品発表会では、元巨人の宮本和知氏が『Technical Pitch』のデモンストレーションを行った。

宮本氏によるデモンストレーション

「重さもしっとり感もそのままです。ピッチャーとしては何も違和感がない」と絶賛した。

『Technical Pitch』の導入により、すべての投球がデータ化され、“キレのあるボール”“伸びのあるボール”が数値として算出される。成果が確認できることで、具体的な改善点を見つけ、選手のモチベーションアップにつながる。

今後、投手育成に革命を起こすボールになるのではないだろうか。


《山本有莉》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top