NTTドコモ、iPhone 8/8 Plusの販売価格やキャンペーンを発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NTTドコモ、iPhone 8/8 Plusの販売価格やキャンペーンを発表

新着 製品/用品

(C)Getty Images
  • (C)Getty Images
  • NTTドコモ、iPhone 8/8 Plusの販売価格やキャンペーンを発表
  • NTTドコモ、iPhone 8/8 Plusの販売価格やキャンペーンを発表
 NTTドコモは、本日15日午後4時1分より予約受付を開始するiPhone 8/8 Plusの同社オンラインショップにおける販売価格やキャンペーンを発表した。

◆ドコモオンラインショップにおけるiPhone 8/8 Plusの販売価格

・iPhone 8



 iPhone 8(64GB)は、現金販売価格が88,776円で、24回払いで支払うと、月額は3,699円。これに月々サポートが月額2,376円(総額57,024円)適用され、実質負担額は月額1,323円(総額31,752円)となる。

 iPhone8(256GB)は、現金販売価格が106,920円で、24回払いで支払うと、月額は4,455円。これに月々サポートが月額2,367円(総額56,808円)適用され、実質負担額は月額2,088円(総額50,112円)となる。

・iPhone 8 Plus



 iPhone 8 Plus(64GB)は、現金販売価格が100,440円で、24回払いで支払うと、月額は4,185円。これに月々サポートが月額2,367円(総額56,808円)適用され、実質負担額は月額1,818円(総額43,632円)となる。

 iPhone 8 Plus(256GB)は、現金販売価格が118,584円で、24回払いで支払うと、月額は4,941円。これに月々サポートが月額2,358円(総額56,592円)適用され、実質負担額は月額2,583円(総額61,992円)となる。

◆iPhone 8/8 Plusに適用されるキャンペーン

 iPhone 8/8 Plusを購入するユーザーに対しては、先の月々サポートに加えて、「家族まとめて割」「下取りプログラム」「機種変更応援プログラム」「ドコモのご家族紹介キャンペーン」「シニアはじめてスマホ割」「エンジョイ♪15ギガキャンペーン」という6つのキャンペーンが適用される。

 「家族まとめて割」は、iPhone 8/8 Plusを含む対象機種を家族で2台以上購入し、同一シェアグループで「シェアパック」「シェアオプション」のいずれかを契約すると、購入代金から1台あたり最大5,184円割引されるというもの。対象機種には、旧機種であるiPhone 7/7 Plusをはじめ、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SEも含まれているので、それらと組み合わせることも可能だ。受付期間は11月30日までと案内されている。

 「下取りプログラム」は、対象機種を同社が下取りすることにより、最大で30,000円を割り引くというもの。本稿執筆時点における最も高額な下取り対象機種はiPhone 6s Plus(128GB)となっている。同プログラムでは、他社で販売されたiPhoneも対象機種に含まれる。

 「機種変更応援プログラム」は、月額300円を支払うことで、最短12ヵ月の利用でおトクに買替が可能なサービス。常に最新機種を使いたいというユーザーには魅力的で、最大27,000円がポイント還元される(※iPhoneの場合)。

 「ドコモのご家族紹介キャンペーン」は、他社から家族が同社に乗りかえると、乗りかえ1回線につきdポイントが10,000ポイント進呈されるキャンペーン。キャンペーン期間は11月30日まで。

 「シニアはじめてスマホ割」は、60歳以上のユーザーがFOMAからXiへ契約変更、もしくは他社フィーチャーフォンから同社Xiへ乗りかえると契約プランに応じて、最大で月額1,520円が割り引かれるというもの。割引期間は2年間となっている。キャンペーン期間は2018年2月28日まで。

 「エンジョイ♪15ギガキャンペーン」は、2018年1月9日までの期間中に「シェアパック15」「ウルトラシェアパック30・50・100」のいずれかを契約すると、最大7,000ポイントが進呈されるというもの。

◆自身が適用可能なキャンペーンを探そう

 月々サポート以外に、こうしたキャンペーンを利用することにより、最新のiPhone 8/8 Plusを少しでもおトクに利用することができる。今後、ソフトバンク、auも販売価格やキャンペーンを打ち出してくると思われるが、NTTドコモでの購入を考えている方は、購入機種だけでなく、利用できるキャンペーンを整理しておくとよいだろう。
《Tsujimura@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top