マンチェスター・Cが5発大勝、リバプールはマネの一発退場が響く | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンチェスター・Cが5発大勝、リバプールはマネの一発退場が響く

スポーツ 短信

マンチェスター・シティがリバプールに5発大勝(2017年9月9日)
  • マンチェスター・シティがリバプールに5発大勝(2017年9月9日)
  • マンチェスター・シティがリバプールに5発大勝(2017年9月9日)
イングランド・プレミアリーグ第4節が9月9日に行われた。マンチェスター・シティは本拠地でリバプールと対戦。退場でひとり少なくなった相手を攻め立て5-0で勝利している。

序盤はリバプールがモハメド・サラーのスピードを生かしてゴールに迫ろうとする。しかし、決定的な場面を創出するまでには至らない。

なかなかチャンスを作れなかったマンチェスター・シティだが前半24分、ケビン・デ・ブライネのスルーパスにセルヒオ・アグエロが抜け出す。ようやく巡ってきた決定機をアグエロが一発でゴールに結びつけた。プレミアリーグ通算124得点としたアグエロ。欧州外出身選手では歴代最多記録になった。

リバプールも同31分にサディオ・マネのパスでサラーが決定機を迎えるも、シュートはGKに防がれ同点に追いつけない。6分後に危険なタックルでマネが退場すると流れは完全にマンチェスター・Cへ。

ガブリエル・ジェズスが2ゴールを挙げ、途中出場のレロイ・サネも2得点でリバプールを突き放した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top