16歳美女優の初主演映画がカンヌへ!?…長寿シリーズ化の可能性大 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

16歳美女優の初主演映画がカンヌへ!?…長寿シリーズ化の可能性大

エンタメ 芸能
映画『トモシビ 銚子電鉄6.4Kmの軌跡』公開初日(2017年5月20日)
  • 映画『トモシビ 銚子電鉄6.4Kmの軌跡』公開初日(2017年5月20日)
  • 16歳美女優の初主演映画がカンヌへ!?…長寿シリーズ化の可能性大
  • 松風理咲
  • 植田真梨恵
  • 前野朋哉
  • 有野晋哉
  • 富田靖子
  • 杉山泰一監督
若手女優の松風理咲が5月20日、都内で初主演映画『トモシビ 銚子電鉄6.4Kmの軌跡』の公開初日舞台挨拶に共演の前野朋哉、植田真梨恵、よゐこの有野晋哉、富田靖子、杉山泰一監督と参加した。

壇上では映画の内容にちなんで『思いを繋げたい人』をそれぞれ発表。前野は、幼い愛息子に向けて「早く大きくなって一緒に映画館で映画を見たい。成長した時には『トモシビ2』もきっと見に行けるはず」とちゃっかりシリーズ化に期待。

すると有野は、現在フランスで開催中のカンヌ国際映画祭に対して「とにかくこの作品を急いでカンヌに持って行って、色々な国の人に見てもらわなければ。そうすればパート2も製作できるかもしれない」と提案し「前野さんの息子が映画館に行けるようになる頃には、きっとパート6まで完成しているはず」と長寿化をぶち上げた。

一方、松風は留学中で離れて暮らす姉に「会えないのが寂しいので日本に帰って来た時に一緒に映画を見たい。いっぱい話をして繋がれたらいい」とメッセージ。

植田は杉山監督に「演技の出来ない自分に声をかけてくれてありがとうございます。素晴らしい経験が出来ました」と感謝。富田は高校時代からの友人に向けて「トイレでハンカチを借りてから早33年の仲。これからも宜しくという思いを込めました」と話した。

最後に松風は「今日は公開初日ということでドキドキしていましたが、皆さんに映画を見てもらうことができて嬉しいです。これからももっと沢山の方々に見てもらえれば」と万感の思いを込めた。
《石井隼人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top