ダルビッシュは6回3失点で勝ちつかず…初回に被弾も立て直す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ダルビッシュは6回3失点で勝ちつかず…初回に被弾も立て直す

スポーツ 短信

パドレス戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ有(2017年5月10日)
  • パドレス戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ有(2017年5月10日)
  • パドレス戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ有(2017年5月10日)
テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が5月10日、サンディエゴ・パドレス戦に先発登板して6回を投げ、7安打3失点、6奪三振だった。ダルビッシュに勝ち負けはつかなかったが、レンジャーズは4-3で競り勝っている。

ダルビッシュは初回に2アウトからソロ本塁打を浴びる。二回にもエリック・アイバーにソロを被弾。その後さらに1失点して序盤に3点を失う。

不安な立ち上がりとなったダルビッシュだが、その後は得点圏にランナーを背負っても落ち着いて抑える。四回、六回には三塁までランナーを進められたがホームインは許さなかった。

試合後のダルビッシュは二回までの流れを引きずらず、六回まで投げられたのは良かったとコメント。ただ一番重要なのはチームが勝てたこととしている。


先発投手として試合を作ったダルビッシュにファンからは、「無四球なのが良かった。調子悪いときは自滅するパターンにはまることが多いから」「QSだしチームも勝ったから仕事はした」「ローテ守って連続QSなら上出来でしょ」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top