ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表

新着 製品/用品

ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表
  • ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表
  • ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表
  • ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表
  • ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表
  • ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けデバイス「TYPE-R」発表
LEOMO, Inc.は、ウェアラブル技術を使ったアスリート・コーチ向けの新しいデバイス「TYPE-R」を3月9日(木)、米国にて発表した。

「TYPE-R」は、競技アスリートとコーチ向けに設計されたモーション解析を使ったデバイスだ。アスリートのフォーム、効率、パフォーマンスを最適化でき、怪我の防止や怪我からの回復をサポートする。

アスリート向けのモーション解析は、ラボやスタジオでの測定に限られていたため、より現実に近いトレーニングやレースの条件を反映できず、精密で高価なシステムも必要だった。しかし、TYPE-Rは屋外でモーション解析ができ、トレーニングや競技を行う環境と同じ条件下でモーションデータを収集できる。

タッチスクリーンを搭載し、ハンドルバーまたは手首に取り付け可能。ANT+対応の汎用のセンサーと接続すれば、パワー、パワーバランス、ケイデンス、心拍数を表示できる。標準で5つ付属するLEOMOモーションセンサーは、3軸のジャイロスコープと3軸の加速度センサーを搭載。センサーを着用したアスリートの動きやフォームを正確に計測する。データは、ワイヤレスでアップロードできる。

最初のターゲットは自転車選手、トライアスロン選手、そのコーチとなる。発売は、アメリカでは今夏後半、他の地域では今年後半を予定。将来的には、ランニングや水泳に応用することを検討している。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top