ロシアW杯のフーリガン対策、EUROも教訓に強化 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロシアW杯のフーリガン対策、EUROも教訓に強化

スポーツ 短信
EUROでクロアチアサポーターが発煙筒、爆竹の投げ入れ…選手は失格も覚悟
  • EUROでクロアチアサポーターが発煙筒、爆竹の投げ入れ…選手は失格も覚悟
2018年のFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、暴力行為への対策は万全だとコメントしている。

サッカーの試合では残念なことにファンによる暴力事件が時々起こる。2016年の欧州選手権(EURO2016)でも会場外でのいざこざや、試合中にサポーターがグラウンドに爆竹や発煙筒を投げる事件が起こった。

W杯でのトラブル対策にインファンティーノ会長は、「ロシア当局に全面的な信頼を置いている。トラブルや暴力は心配していない」とした。

「彼らはこの問題に非常に真剣に取り組んでいる。FIFAやUEFAと連絡を取り合い、欧州選手権の主催者とも連携してフランスで起きたことから教訓を得ようとしている。あらゆる関係者が最大限に真剣な姿勢でこの問題に取り組んでいる」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top